TOP » お知らせ » 「北京・故宮博物院展」協賛

「北京・故宮博物院展」協賛

【投稿日】2011年10月19日 【カテゴリー】お知らせ  

11月23日まで、大濠公園内の福岡市美術館にて「北京・故宮博物院展」が開催されております。


博物院展開催の期間中、福新楼2Fレストランでお食事のお客様に限り、入場半券をご提示いただきますと、西太后が大好物とした「胡麻パン」を1個サービスさせていただきます。
「圓夢焼餅(ユァンムンシャオピン)」 と呼ばれる「肉そぼろはさみ胡麻パン」で、
宮廷で出されていた料理の中でも庶民も気軽に味わえるために、北京で人気の料理です。西太后がこのような素朴なパンを好んで食べていたのかと思うと、西太后が身近な人に思えて来る一品でもあります。
ある時、西太后は
夢で胡麻パンに味噌で炒めた肉そぼろを挟んで食べる夢を見ました。ところが、夢で見たのと同じ胡麻パンが朝の食卓に出たために縁起が良い夢の叶「正夢」のパンとして大変喜び、好物としたとの謂れがある胡麻パンです。
今回このパンは、博物院展にお越しのお客様だけの特典として特別にお出ししておりますので、一般のお客様はお召し上がりいただくことは出来ません。ぜひ、この機会にお越しください。

圓夢焼餅(ユァンムンシャオピン)「肉そぼろ挟み胡麻パン」

 

 


 

 

ページトップ